fondazione italia giappone 伊日財団
日伊財団について 役員会 会員 加入方法 連絡先

伊日財団加入規定

民間企業は財団の会員になることができます。

会員には、推進会員と賛助会員の二種類のカテゴリーがあります。

会員が企業の個人経営者、または法人の場合は、申告する収益額の2%までを上限として、決算時に会費の全額が控除の対象になります(イタリア共和国大統領令917/1986、lett. c-quinquies、65条2項)。

推進会員には、伊日財団の役員会の構成メンバーとして自身の代理人1名を指名する権利が与えられます。賛助会員については、最高5名までの代理人が全ての賛助会員を代表することとします。

会員となった企業の名称は、伊日財団がイタリアと日本の両国で刊行する全ての印刷物、及びインターネットサイト上に記載されます。会員には、伊日財団ロゴマークの使用権が与えられ、会員の代表者は財団が企画する全ての公式イベントに招待されます。

また、企業のパンフレットなどを財団に寄託することも可能で、財団は各種イベントの際に、それらの資料を興味のある方に配布することもできます。